​★ルンブロキナーゼの動物実験②

セリフ枠8_edited.png
miha_06_edited.png

私はネズミの実験の後、今度はイヌを使った実験を行いました

イヌの静脈内にフィブリンを固まらせて人工的に血栓を作り、ミミズ乾燥粉末を

飲ませるという実験でした

この方法とは別に脳梗塞の患者さんの治療に使っているウロキナーゼの量と同じ

​20万単位を静脈に注射してその効果を調べることにしました

その結果が下の表になります

研究データ3_edited.png
miha_05_edited_edited.png
セリフ枠8_edited.png

表の中のは血栓が溶けて血流が再開したことを、は血流が再開されないことを表し、

また、​±は血栓が一部溶けて部分的に血流が再開したことを表します

​①ミミズの乾燥粉末の抽出液を経口投与したグループ

②ウロキナーゼ20万単位を静脈注射したグループ

③生理食塩水を静脈注射したグループ

以上の3グループに分け経過を確認しました

セリフ枠9_edited.png

①のグループでは3匹のうち1匹が4時間、残りの2匹も8時間で血流が

再開、もしくは部分再開が観察されたよ

②のグループでは3匹のうち1匹は8時間で血流が再開したけど、

残りの2匹のうち1匹は24時間が経過しても血流の再開は観察されない

という結果だったんだ

③のグループはすべてのイヌが20時間以内では血流の再開が

見られないことがわかったんだ

​ちなみに24時間経って血流が再開しているのは僕たち犬自身が持つ

線溶活性酵素が働き始めたからなんだってさ

b1_edited.png
b1_edited.png
b1_edited.png
miha_11_edited_edited.png
セリフ枠8_edited.png

これらの結果からミミズ乾燥粉末の抽出液を経口投与すると

ウロキナーゼを静脈に注射するよりも効果的に血栓を溶解させる

ことができるという可能性が示唆されたのです

セリフ枠2_edited.png

ワンちゃんたちが頑張ってくれたおかげで

さらに『ルンブロキナーゼ』の効果が証明されたのね♪

sasa_11_edited.png